首頁最新消息
最新消息
被災地にかけ声響く 復興祈願し、3横綱が土俵入り 大相撲 "世界相撲。元氣高雄"!!
發佈日期:2014/08/09

[日本雅虎]被災地にかけ声響く 復興祈願し、3横綱が土俵入り 大相撲 "世界相撲。元氣高雄"!! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000559-san-spo ヨイショー、ヨイショー-。日本相撲協会は7日、福島県いわき市の同市立総合体育館で東日本大震災の復興を祈願するイベントを開催した。約4000人のファンからは、力士たちの四股に合わせて歓声がわき、触れ合いを楽しんだ。  イベントのために設置された土俵では白鵬、日馬富士、鶴竜の3横綱が復興を願って土俵入りを披露。人気力士の稀勢の里や遠藤、福島市出身の双大竜らは、地元の子供たちに稽古をつけ、会場をわかせた。「笑顔が多かった。震災の悲しみから少しずつ元に戻ってきているのかな」と双大竜は感慨深げだった。  力士会の会長を務める白鵬は「みなさんから大変元気を頂いた。力士会は被災した子供たちを支援する」と述べ、岩手、宮城の両県に続き、今後福島県内に土俵を寄贈する意向を明かした。  相撲協会は公式行事として4年連続で被災地を訪れている。尾車巡業部長(元大関琴風)は「夏は巡業で東北に行く。被災地を素通りするわけにはいかない。今後も継続させたい」と語り“永年行事”にする考えだ。 今天日本的3位橫綱級相撲力士白鵬、日馬富士、鶴竜為東北震災重建區帶來鼓勵,8月底即將再高雄舉辦的世界相撲大賽,也是希望這樣能量的運動能夠帶給高雄的朋友重建的動力!